帰国後のキャリアアップを考えた海外転職

企業の海外進出、グローバル化に伴い、海外で働くことは以前よりも身近になっていると思います。海外で働き定住する人もいます。

一方、日本に帰国してさらにキャリアアップをめざすために、一定期間海外でキャリアを積む、という人もいるでしょう。

働く個人にとって、海外で働くことは、ややもすると盲目的にキャリアアップにつながっていると思ってしまうのではないでしょうか。

日本でのキャリアアップを考える際、「海外で働いていたこと」のみが有利に働くことは、無いといえるでしょう。

海外で働くことは手段であり、目的は自分自身のめざすべきキャリアプランの実現に近づくことではないでしょうか。

本記事では、下記の観点で帰国後のキャリアアップを踏まえた、海外転職(海外での勤務経験の考え方)の在り方を紹介したいと思います。

1. 成果を上げる重要性(海外勤務中)
2. キャリアアンカーという考え方(海外転職前)
3. 日本でキャリアアップするための経験の活かし方(海外転職後~日本でのキャリア)

成果を上げる重要性(海外勤務中)

海外に転職し、既に海外で働いている場合は、日本でアピールできる実績をつくること、すなわち成果を上げる、というマインドをもって業務に取り組む姿勢が重要です。

また、海外ではジョブ型での雇用が多いことを鑑み、仕事の成果を自分の中でアピールできるよう、整理しておく必要もあります。

マインド面で大切なこと

成果を上げるというマインド面を、もう少しかみ砕いて説明すると、海外で仕事に就いた時に、どのような仕事や経験が将来のキャリアアップに役立つのかを意識することです。

遮二無二頑張る、ということも意識として重要ですが、将来的に

● 仕事の種類や裁量
● 働き方
● ポジション
● 条件

というキャリアアップの道筋があるのであれば、それにつながる仕事や経験で成果を出す、という考え方が重要です。

国にもよりますが、仕事軸や経験軸は、日本で働くよりも、絞りやすい可能性があります。

海外ではジョブ型が多い

特に欧米では、必要な仕事に対して、人を割り当てる、ジョブ型雇用が中心となっています。

ジョブディスクリプション(職務記述書)が明確に定められており、仕事のゴールが明確です。一方、幅広い業務を経験してキャリアアップするのには不向きです。

海外で採用され、ジョブ型の働き方をしている場合は、日本に戻っても通用するジョブの経験を重点的に積むのが理想です。

日本でも同一労働同一賃金の議論から、ジョブ型雇用が取り上げられたりしていますが、基本的には、メンバーシップ型雇用が採用されており、人を雇用してから仕事を割り当てる考え方となります。

1社で長期的に働き、様々な経験(異動・転勤がしやすいのがメンバーシップ型)を通してキャリア形成していくにはメンバーシップ型が向いていると言えます。

海外で働く場合は、何でもよいから成果を上げればいいということではなく、自分自身のキャリアアップにつながり、日本でもキャリアを積みやすいジョブで成果を出すのが理想的です。

キャリアアンカーという考え方(海外転職前)

海外転職前に遡り、自身のキャリアを再検討する場面を取り上げて、海外転職前に考えておきたい内容を整理していきたいと思います。

自身のキャリアプランを明確にするにあたって、「キャリアアンカー」という考え方があります。

マサチューセッツ工科大学ビジネススクールの組織心理学者であるエドガー・H・シャイン博士によって提唱されたキャリア理論の概念です。

キャリアアンカーとは、分かりやすくいうと、キャリアの選択や形成を行う際に、譲れない価値観のことです。

自分自身のキャリアの根幹に位置づけられるもので、これを明らかにしておくと、海外で経験を積んだほうがいいのか検討するのに役に立ちます。

価値観に基づく選択

できることや、やりたいことが明確で、専門性を高めていきたい、と思っている方は海外での転職は適していると言えます。

一方、日本に帰国して、さらにキャリアアップを考える際は、注意が必要です。
専門性を高めるジョブの内容は、日本でも仕事として存在し、ビジネス一般論でも重要視される内容かどうか、見立てを立てる必要があります。

できるだけ先進的なビジネスの考え方などを経験できる、海外での転職をめざす心構えが必要です。

MBAもそうですが、欧米で端を発し日本に輸入される理論や考え方があります。それらを日本でも駆使できるかどうか、見立てる必要があるのです。

新型コロナウイルスの影響もあり、昨今、日本でも取り入れられているインサイドセールス(オンラインツールや電話を駆使し、訪問せずに営業を行う営業職)は、アメリカでは、2001年の同時多発テロ事件以降、急速に導入が拡大しました。

移動時間の削減とともに、営業の高度化・分業化で営業の生産性を向上させようという機運が日本でも高まっていますが、アメリカでインサイドセールスの経験を積んでいると、日本でのキャリアアップも可能です。

このように、欧米の先進的事例は、日本でも数年遅れて取り入れられることが多いので、そのようなジョブで経験を積めると、日本でのキャリアアップも見込めるでしょう。

日本でキャリアアップするための経験の活かし方(海外転職後~日本でのキャリア)

キャリアの根幹となる価値観や、それに基づくジョブの選択と、日本でも必要とされるジョブの経験を経て、日本でキャリアアップをめざす場合、いくつかの選択肢があると思います。

● 日系グローバル企業
● 日系国内企業
● 外資系企業の日本法人

3つの企業の形態ごとに、経験の活かし方をみていきましょう。

日系グローバル企業

海外での経験が活きるひとつの選択は、日系グローバル企業です。日本市場以外で海外での売上比率を高めたい場合は、海外勤務経験がいきるでしょう。

日系国内企業

国内を重要な市場として捉えており、ドメスティックな範囲で事業拡大をしようとしている日系企業も、ジョブが必要とされれば経験をいかすことができるでしょう。

この場合、自身が経験したジョブをいかしてキャリアアップできるかどうか、判断する必要があります。

具体的には、海外の企業とタイアップして日本に新たな製品を展開する、などは分かりやすい事例です。

その場合は、海外のパートナーとのやりとりなどが発生するでしょう。

外資系企業の日本法人

外資系企業の日本法人も、海外での仕事の仕方に近い、という意味では経験をいかしたキャリアアップの可能性があるでしょう。

ただし、海外で経験したジョブと近い場合は、極端に表現すれば働く場所が海外から日本になった、という変化だけの可能性があります。

自分自身のキャリアアップになるかどうか、慎重な判断が求められます。

まとめ

海外で働く意味合いを、自分自身のキャリアの価値観やキャリアプランに照らし合わせて、海外で経験する内容を吟味することが必要です。

将来的に日本に帰国して、さらなるキャリアアップをめざすことも視野に入れて、海外で経験を積むならば、できるだけ先進的な業務経験を積み、日本に戻ってきたときに、考え方や業務の進め方を広められる、という形になれば、帰国後のキャリアも明るいでしょう。

そのためにも、海外での業務経験において、何よりも成果を出しておくことが、日本帰国後のさらなるキャリアアップにつながるのです。

最新情報をチェックしよう!