フリーランス事前準備

フリーランスになる前に済ませておきたい事前準備4選

突然、フリーランスとならざる得なくなった場合には何ともし難しいのですが、現在、まだ会社で仕事をしており、一定の収入がある場合には、事前に以下の4つは事前に済ませておくと、フリーランス生活によりスムーズに入っていけると思います。

是非、あなたの生活・仕事スタイルを変える前に、準備をしっかりと行って頂ければと思います。

 

生活レベルを下げる

自分の希望する生活スタイルとも関係しますが、フリーランス、独立開業の前にできる限り生活レベルは下げておいた方が、フリーランス生活の難易度がさがります。

例えば、田舎に引っ越して家賃をさげる、外食の頻度をさげる、タバコやお酒といった嗜好品を止めるなど、毎月の支出を下げておくと、稼がなくてはいけない最低金額がさがります。

何でも我慢してください!というわけではないですが、最低稼がないといけない金額が少ない方が、フリーランスとしての働く上でのプレッシャーが少なく、仕事の選び方(やりたくない仕事を無理に受けない、非常に安い単価で無理やりうけない)の幅が広がります。

フリーランスになってなれない生活で、さらに我慢もしないといけないとなると、ストレスも大きくなりがちです。サラリーマンとして安定した収入があるうちに、できる限り生活レベルを下げておくことをお勧めいたします。

 

ローン

フリーランス、独立開業するとローンがすぐには借りられなくなります。住む場所エリアがが決まっているなら、賃貸より購入した方が住居費が安くなるかもしれません。住宅ローンはサラリーマンとしての安定的な収入がある方が、絶対的に借りやすいのです。安定した収入、勤務実績がある間に、住宅ローンを借りて、住宅購入をするというの1つの選択肢になります。

私も海外に出る前に、投資用不動産を購入しました。海外にでてしまうと、日本の銀行から安定的な収入とみなされないことになり、ローンが借りづらくなるというのが理由です。当然購入する値段や物件により、よりリスクを増やしてしまうことにもつながりかねませんが、投資用不動産などから安定的な副収入がはいると、フリーランス、独立開業して毎月稼がなくてはいけない、金額をさげることができます。

 

クレジットカード

クレジットカードもローンと同様、サラリーマンのうちの方が断然作りやすいです。特に様々な特典がついたカードを作る必要はなく、年会費無料のカードを2-3枚作っておくと、きっとフリーランス生活でも便利に使えるときがあると思います。金利は高いのでお勧めできませんが、全く稼げない月があったときにも、カードを使ったキャッシングでなんとか生き延びるという選択肢もできます。

フリーランスでも作れる審査が緩めのクレジットカードもできてきてはいますが、サラリーマンの方が限度額も多く設定されるケースが多く、クレジットカードも、フリーランス生活に入る前に、事前に申し込みを済ませておくことをお勧めいたします。

 

お客さんとの付き合いは大事に

これは当たり前のことですが、サラリーマン時代のお客さんは大事にお付き合いすることは非常に大事です。フリーランスといっても、仕事もお客さんも100%変えて、安定した生活を送るというのは非現実的です。私も現在の収入に占める割合はもともとのお客さんや、お客さんからの紹介が半分以上を占めています。新たな新規の仕事も受託をしていますが、やはり苦しい状況を理解してくれて、少しでも報酬に色を付けてくれる、もともとのお客さんの存在は非常にありがたいです。

仕事が受託できることだけでなく、大事にしてくれるお客さんがいることは、心の支えにもつながるはずです。また、お客さんだけではなく、サラリーマン時代につきあった上司、同僚、また家族など味方となってくれる人がいることは、金銭的にも精神的にも、フリーランス生活を助けてくれることは間違いありません。

フリーランス事前準備
最新情報をチェックしよう!

フリーランスの最新記事4件