20代でキャリアアップを目指す必要性とやるべきこと

キャリアアップとは?

様々な資格や能力などを身につけて、スキルや経歴を高めていくことが一般的にキャリアアップと定義されるものになります。現代社会では、終身雇用制が崩れてきていることもあり、いかにして自分のスキルや経歴を高めていくかということが求められるようになっています。

そもそも「キャリア」とはどのように定義されるのか?

定義1・ 昇格、昇給、高ステータスなどを得る

多くの方が考える「キャリア」とは、このように昇格や高ステータスのことなどを指すことが多いのではないでしょうか?
しかし、現代社会では、定年が65歳で70歳定年制にするという案もあります。現在20代であれば、70歳まで働くとすると、40年以上になります。その間ずっと「昇格、昇給、高ステータスなどを得る」という価値観を持ち続けることは、ほとんど不可能に近いです。

定義2・自分の所属する組織や顧客、社会などへの貢献の割合で考える

この場合は、自分が所属する組織や顧客、社会などへの貢献度が高いほどキャリアが高いという考え方になります。ただ、この考え方はあまり一般的とは言いがたく(経営者などですと組織などへの貢献は当たり前と考えると思いますが)、定義1などに比べるとわかりにくいです。

定義3・特定の知識やスキルを身につけて自分の専門性を高める

この考え方は割と多くの方が納得するのではないでしょうか?仕事をする上で必要な知識や特定のスキルを高めていくというのも立派にキャリアアップの1つです。特定の知識やスキルを高めるというと、転職を連想してしまいますが、なにも転職するケースでなくても自分の所属する組織などで知識やスキルを生かすことは十分に可能です。

定義4・自分の知識やスキルに幅を待たせる

定義3とも関係しますが、自分の今持っている知識やスキルの幅を広げていくこともキャリアアップの1つです。そうすることによって、自分が所属する組織などでこなせる業務の幅も広がっていきます。

20代でキャリアアップを目指すことの必要性


一昔前までは、日本では、終身雇用制が定着しており、一度就職したらその会社で定年まで働くのが当たり前でした。そのため、キャリアアップというと、会社での昇進や昇給などを指していました。

しかし、現在は、正社員として定年まで働く働き方のほかにも、契約社員や派遣社員として働く働き方や、ITを駆使して起業するなど様々な働き方があります。

そのような現代社会で、生き残っていくためには、自分が本当に目指しているキャリアアップについて、20代のころから真剣に考えていく必要があるのです。

20代でのキャリアアップするために必要なこと

1・自分が求めているものが何なのかをはっきりさせる

日々の業務の中では、あまり意識することがないというより、意識する暇がないという方も多いとは思いますが、20代での持続的なキャリアアップのために必要なのは、「自分が何を求めているのか」をはっきりとさせることです。そのためには、まず、自分自身としっかりと向き合って理解する必要があります。日頃から自分自身としっかりと向き合って自分が何を求めているのかを明確にしておくようにしましょう。

2・自分が将来的に歩んでいきたいキャリアを明確にする

20代ですと、まだ「日々のことで精一杯で将来のことは思い描けない」という方も多いとは思いますが、将来起こる、または起こりうるライフイベントも踏まえて、自分が将来的にどのようなキャリアを歩んでいきたいのかを明確にしておくことは大切です。自分が現在している仕事について極めていくのか、それとも、全く別の職種に転職した方がよいのかなどを考えていく上でも重要な鍵となりえます。その上で自分が本当にキャリアを極めたい仕事が明確にあるのであれば、その業界への転職もアリなのではないでしょうか。

3・何がなんでもキャリアアップするという強い意志をもつ

転職を考える場合、20代での転職では、ライバルは同年代だけではありません。その中で転職活動を成功させるには、自分のキャリアを何がなんでも伸ばしていくという強い意志が必要です。その時に、日頃から自分が歩んでいきたいキャリアを明確にしておくという癖がついていると大いに役に立ちます。もちろん、そうしていたとしても、全てが思い通りになるわけではありませんが、たとえ挫折を味わうことがあっても、自分のキャリアを何がなんでも伸ばしていくという強い意志があれば、少しずつでも理想のキャリアに近づくことができます。

キャリアアップに必要なスキルについて

20代でのキャリアアップに必要なスキルとは?

20代のキャリアアップで身に着ける必要があるスキルは、ポータブルスキルといわれるスキルです。ポータブルスキルとは、どのような職種に就いたとしても必要なスキル全般のことを指します。大まかに述べると、専門知識や技術と、仕事のやり方、人との関わり方の3つがあります。

1・専門知識や専門技術

その職種で働く場合に必要な専門的知識や技術のことを指します。例えば、事務職であれば、パソコンの基礎だけではなく、必要なアプリケーションソフトを使いこなすための知識や技術などです。

2・仕事のやり方

自分が実際にその仕事をしていくための実行能力などのことです。例えば、自分に組織から与えられた課題の把握や、課題を解決するための計画の作成と実行、スケジュール管理などです。

3・人との関わり方

組織内の同僚や上司、部下あるいはクライアントなどとの対人関係に関する能力です。例えば、クライアントに対する対応の仕方やチームワークなどです。

20代で転職を考える場合のキャリアアップについて


20代で転職を考える場合、もちろん、メリットもありますが、デメリットもまた大きなものがあります。ここでは、20代で転職を考える場合のメリットとデメリットを紹介します。

1・20代での転職のメリット

一般的に企業などである程度のリーダーやマネージャー的ポジションにつくのは、就職してから5−10年くらいのことが多いのですが、転職をすることによって、転職後1−2年、もしくは転職直後からリーダーやマネージャー的ポジションにつくことができることがあります。その場合、昇給や昇格、仕事の幅を広げることなどにむすびつくことにもなり、効率的にキャリアアップを図ることができます。このようなことがありうる会社は、年功序列ではなく実力主義の会社が多いです。それは、実力主義の会社では、年齢にかかわらず、成果を上げた方が出世するという特徴があるからです。逆にそのような会社が実力主義の会社であるとも言えます。

2・20代での転職のデメリット

20代でリーダーやマネージャー的ポジションについた場合、期待されるものの大きさによって、プレッシャーに潰されてしまうというのはよくある話です。精神的に強く、プレッシャーに負けずにやっていける自信があれば良いのですが、プレッシャーに弱い方の場合、20代でリーダーやマネージャー的ポジションにつくことが大きなマイナスになって潰されてしまいます。
また、20代でリーダーやマネージャー的ポジションについたことで、将来、部下を持った時に、つい「自分の時はもっとできたのに」と比較してしまって、部下にハラスメントをしてしまったり、ストレスをため込んだりしてしまうケースも見受けられます。

まとめ


20代でのキャリアアップについて述べてきましたが、現代ではキャリアアップといっても様々です。自分にあったキャリアアップを目指しましょう。

最新情報をチェックしよう!