キャリアアップを目指すメリットとは?

自分に適した分野でキャリアアップを図っていきたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
でも、自分が目指したいキャリアアップの内容やそのための方法をはっきりと答えられる人は少ないですよね。

この記事では、キャリアアップに向けて行動していきたい人が、自分の進むべき方向性を考える参考になるよう次のことを解説します。

キャリアアップとは、どのようなことを言うのか?


キャリアアップとは、簡単に言うと地位や専門性、収入などが今より上がることですが、大きく次のように分かれます。

  • 現在勤めている会社内でのキャリアアップ
  • 転職によるキャリアアップ

起業する場合や専門性の高いフリーランスになることなども、社会的地位の向上や収入増などにつながる場合がありますが、一般的にキャリアアップと言う場合には、上記2つを指すことが多いです。

例えば次のようなものがあります。

  • 現在の会社内で昇進、昇給する
  • 現在の会社内で専門性の高い職務に転換する
  • 現在の会社より待遇や収入の良い会社に転職する
  • 専門性の高いスキルを用いる会社や、そうしたスキルの習得が図れる会社に転職する

キャリアアップを目指すメリットとデメリット


キャリアアップを目指す上で、そのメリットと、併せて注意すべき点をまず押さえておく必要があります。

キャリアアップのために行動したつもりが逆に地位や収入の大幅ダウンになる例が多く見られるからです。

社内でキャリアアップを図った方がいいのか、または転職した方がいいのか、個人のニーズに応じて異なり一概には言えませんが、考え方について整理します。

社内でのキャリアアップ

まずは、現在の会社内でキャリアアップする場合についてです。

メリット

社内でキャリアアップする場合のメリットは、今までの実績が無駄にならないことです。

会社の人事サイドもこれまでの働きぶりや実績を知っていて、たとえこれまでは意に沿わない業務内容であったとしても、そこで頑張った評価は積み重なっています。

希望する業務内容に転換できれば、これまでの実績の上にさらに実績が積み上がりますので、効率もいいです。いわゆる「新入り」にならずに済みます。

その上、その会社内で職種は転換しても会社特有の雰囲気や諸手続きの仕方などがわかっていますので、勝手のわからない会社に入るのに比べスタートダッシュが切りやすいというメリットもあります。

デメリット

社内でキャリアアップできれば効率もいいですが、「それができないから悩むんだよな」という人が多いと思います。

年配の人たちが上のポストに詰まっていてなかなかチャンスが回ってこないとか、給与額が全般的に低い、社員教育に理解がない、また、そもそも希望する地位や職種に就ける見込みがないことなどがあります。

会社の研修制度などで何らかのスキルアップが図れるのであれば社内に残るメリットもありますが、そうでなければメリットがなく、社内にいたままでキャリアアップを図っていくのは難しいです。

転職によるキャリアアップ

次に、転職によってキャリアアップを図る場合についてです。

一般的には、キャリアアップというと転職を思い浮かべることが多いと思います。
欧米では以前から、自分のスキルを磨き価値を高めて、今いる会社より高く評価してくれる会社に移っていくという慣習が浸透していますが、経済のグローバル化や終身雇用の崩壊に伴い日本でもこうした傾向が強まってきています。

では転職によるキャリアアップのメリットから見ていきましょう。

メリット

まず、社内でのキャリアアップに比べて選択肢が圧倒的に広がることです。
少なくともチャンスはほぼ無限です。
それを見つけて生かすかどうかにかかっています。

そして選択肢が広いということは、自分の求めるキャリアアップ像にマッチした転職先を探してトライできるということです。
これまで会社で仕事を実際にしていますので、どういった点に着目して会社を選んだらいいかも新卒のときに比べて判断できます。

一旦今いる会社を辞めれば、仮に次に入った会社が実際は自分に合わなかったという場合でもやり直せます。
もちろん何回も短期間で移っていくのはキャリア形成にマイナスになります。他人の履歴書を見て、転々と職を移っていた場合、「この人はすぐ辞めるんじゃないか?」と心配になりますよね。
転々とするのは避けた方が良いですが、そうではない前向きな転職なら問題ありません。
日本でも転職は普通のことといった認識がますます高まっていくと考えられます。

転職によるキャリアアップは、今の会社でずっと頑張っていくよりも束縛感がないという点も大きなメリットです。
多くの選択肢があっても実際に経験できることは限られていますので、慎重に選択する必要がありますが、自分のキャリアアップでは何を重視するのかや長期的なキャリア形成のプランが定まっている場合は、理想とするキャリアアップに近づく可能性が高いです。

会社ではなく自分にキャリアアップのためのスキルの蓄積を進めるという意識が、社内に残るより高くなり結果として世の中で戦えるスキルが身につきやすいというのもメリットです。

要するにキャリアアップの方向性をしっかりと考え、意識を強く持ち、絶えずスキルアップのための努力をする人にとっては、選択肢が多い分、理想とするキャリアアップの実現に近づく可能性が大きいというのが転職によるキャリアアップのメリットです。

デメリット

一方、今の会社を辞めるとこれまで積み上げてきた評価や実績はほぼゼロになってしまいます。
他の会社から見れば、勤続〇〇年だとか、表彰を受けたとか客観的にわかる実績しか参考になりません。

またそれまで給料表の等級が上がってきていても、新たな会社に入ればリセットされます。

このデメリットを補うために考慮すべきことがあります。それは、転職による待遇のダウンを将来的に取り戻せるようなスキルを蓄積させるということです。
給料よりもスキルという財産を身につけていくという考え方に立って中長期的に稼ぐための努力をすることです。
スキルが身につかないような転職は避けるべきでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
社内でキャリアアップするメリット・デメリット、転職によるキャリアアップのメリット・デメリットについて整理しました。

実際には自分がどちらの方を選択すべきか迷うこともあると思います。

そういう場合は、転職エージェントに登録してみて、プロのアドバイザーから早めに助言を得るのが効果的です。
転職エージェントは実際の転職案件を数多く取り扱い、キャリアアップが成功するための条件や失敗に終わるパターンについても知見があるので、一人一人に合ったアドバイスも期待できます。

正確な情報をできるだけ多く集め、自分のキャリアアップについてじっくり考え、目標に向かって具体的な行動をとっていきましょう。

最新情報をチェックしよう!