仕事でキャリアアップを目指すための7つの考え方とは?

今の仕事にそんなに不満はなくても、ジョブ型雇用の台頭や終身雇用の終焉など新しい動きもあり将来が不安だという人も多いでしょう。

キャリアアップを図って収入の安定性も高めたいけど、どう考えを整理してどう行動していけばいいかわからないという方のために、この記事ではキャリアアップに向けて重要な考え方と行動についてまとめました。

なりたい自分に最短で近づくために参考にしていただければと思います。

キャリアアップに向けて重要な7つの考え方と行動

自分の目指すキャリアアップ像を明確にする

自分の目指すキャリアアップのイメージをはっきりさせることがまず基本になります。
何事においても目指すべきイメージがはっきりしていないと、行動の方向性もブレてしまい、最短距離で目標を達成することはできません。

例えば、自分はどういう種類の仕事をして、仕事以外の生活はどういう風にしたいのか。専門的スキルを活かした仕事をしたいのか、マネジメントの仕事をしたいのかなど。

生活は、経済的な豊かさ優先か、自分の意思で仕事時間も調整できるような職に就きたいのかなど人によって求めるものは違います。
これらを明確にしておいて、それを実現するために適した職種は何か、身に付けるべきスキルは何かと考えていく必要があります。
逆に言うと、目標イメージがはっきりしない状態でそれに向けた行動を考えていくことはできないです。

いろいろ行動してみて決めていきたいという人も、まず仮説でもいいですので目標イメージを取り敢えず決め込むと後の修正プロセスが効率的になります。

専門スキル志向なのかマネジメント志向なのか、また専門分野は何かによって、スキルアップの仕方も全く異なってきますので、まずは目標をはっきり定めましょう。

目標と今の状態とのギャップを明確にする

目標を考えたら次に、それと今の状態とのギャップは何なのかを考えます。
例えば、ITの専門的な職に就きたいけどまだ専門スキルがないとか、マネジメントをやりたいけど、財務系の基礎知識やスタッフ統率経験が不足しているなどです。

この差が明確になれば、それを埋めるために何が必要なのかがはっきりしてきます。
スキルに関して言えば、プログラミング言語を学ぶとか、財務会計を勉強する、人のモティベーションを高められる言動を磨くなどです。

また、このギャップは今の会社にいたままでも配置転換や昇進などによって埋めていけるのか、あるいは
転職しないと埋めていけないのか、と考えを進めていけます。

今の会社でキャリアアップが図れないか十分考える

キャリアアップを考える場合、ややもすると今の会社でキャリアアップできないかを十分考えることなしに転職の方法を考え行動に走ってしまいがちです。
ですが、本来は、目指すべきキャリアアップが実現できればいいわけですので、今の会社内で目指すのか転職するのかは問わないはずです。

もし今の会社に居続けられるとすれば、これまで積み上げた実績や給料等級、人となりの評価などは無駄にならずに済みます。
一方で転職する場合は、再度一から積み上げていく必要が生じます。
自分より若い人でも先輩になり、ある程度プライドを捨てていかざるを得ないという局面も最初のうちはあるでしょう。

もちろんそうせざるを得ないのであれば転職するしかないですが、こうしたもったいない側面がある以上、まずは社内でキャリアアップを果たすことは本当にできないのか、しっかり考えてみるべきでしょう。
退社したら戻れませんが、辞めることはいつでもできます。

今の会社でキャリアアップする場合、戦略を練りスキルアップする

今の会社内でキャリアアップできる場合でも、ただ漫然と居続けるのではなくて、転職をする場合と同様、これまでのキャリアと違うキャリアを形成するためにまず戦略を練るべきです。

例えば専門性の高い仕事に職種を転換したい場合は、それに必要なスキルは何かを特定し、それを高めていく努力をします。

マネジメント職に昇進していきたい場合は、地位を上げていくためにどのセクションを経験しておくのがいいのかを先輩に聞くなどして探り、そのセクションへの異動希望を出し続けることなどが考えられます。

マネジメント職に就けるかどうかは、経験してきたセクションがどこなのかで大きく左右されますので、異動希望の戦略性と異動実現のための戦術が特に重要です。
そして人事的にキーとなる社員などの人脈も築いていきましょう。

転職する場合、市場性や自分の意志、能力を基に分野を絞り込む

社内では専門職に就ける可能性がないとか、上のポストが詰まっていて昇進のチャンスが少ないなど、社内でのキャリアアップが無理な場合、転職を目指すことになります。

この場合、社内にいるよりも選択肢は圧倒的に多いわけですので、逆に方向性を正しく定める必要があります。
その絞り方のポイントは概ね次のとおりです。

1.市場規模・成長性が大きく、人材ニーズも大きい分野であるか
2.自分の能力や指向性に適合しているか

1に関しては、人材ニーズが高いと一般に報酬レベルも高い場合が多く、努力してスキルアップしたけど収入は上がらなかったといった事態も避けることができます。

2に関しては、何と言っても自分が好きな分野でないと努力を続けられませんので、結果的にスキルアップが継続できず、キャリアを重ねていくことも難しくなってしまいます。

そして能力の面、例えば自分はデザインセンスがあり工業デザインの仕事に向いているとか、論理的思考が得意でプログラミングに向いているとか、冷静に分析する必要があります。

好きなことであってもレベルがさほど高くなければプロフェッショナルにはなれませんので少し厳し目に分析しましょう。

業界や職種の情報を収集する

分野も決まったらあとは努力するだけですが、その際、必要な情報を探りながら正しく努力することが大事です。

例えば、ネット情報だけではスキルアップの仕方がわからない場合や、目指す職の人が実際どのような生活を送っているのかといった生きた情報は、その職に就いている人に会って聞くのが効果的です。

SNSでそういった人たちをウォッチしておいて、これはと思った人にアクセスして会いにいくのもいいでしょう。
現代はまさにこういう行動力が求められています。
情報を検索する力、ググる力も磨いておくとその後の仕事に生きてきます。

また、転職エージェントなどのプロのアドバイザーにアドバイスをもらうのもいいでしょう。

キャリアアップのためのスキルアップの努力を継続する

正しい情報を得ながら、結局のところ努力を継続できるかどうかが分かれ道になります。
スキルが不十分だと転職の面接もクリアするのが難しいですし、転職できたとしてもキャリアアップは実現しません。

例えば、マーケティングのプロフェッショナルとしてキャリアを高めたいのなら、優れたマーケターの著書を何冊も読むとか、知識を自分で応用してトレーニングするとか、常に学ぶことが大事です。

学ぶときは座学だけでなく、手を動かしながら、アウトプットする訓練をすることをおすすめします。
なぜならアウトプットが最も効率的なインプットの助長につながり仕事で使える実践的な力が身に付くからです。

まとめ

今回は、キャリアアップを目指す上で重要な考え方や行動について整理しました。
実際には、一人一人のニーズに応じて具体の行動は違ってきますが、ポイントはここに述べたとおりです。

自分はこのままではいけないと考えること自体、とても前向きで価値あることです。さっそく考えを整理し具体の行動に移してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!