キャリアアップにはスキルアップが必要!2021年どのようなスキルが求められるのか?!

日本では長い間終身雇用が定着していましたが、近年大企業ですら終身雇用が崩壊しつつあります。これに伴って将来への不安を抱きながら、できるだけ収入を安定させるためのスキルを身につけたい、あるいはスキルを身につけてキャリアアップしていきたいと考えている人も増えています。

でも何のスキルを身につけたらいいか選ぶのはとても難しいことです。なぜなら、一人の人が多くの分野の業務の実際の姿を垣間見ることは難しいからです。

この記事では、2021年の今、将来有望なスキルをピックアップするとともに、スキルアップの方法などについてポイントを絞って解説します。

これを参考に自分に合った分野を早めに見つけ、スキルアップを図るための行動をすすめていただければ幸いです。

キャリアアップとスキルアップの関係

キャリアアップとは? スキルアップとは?

ここでキャリアアップというのは、地位や業務内容、収入などが現在よりも高くなることです。

転職する場合のほか、社内で昇進することも含まれます。キャリアアップ転職いうのは、前職より地位や業務内容、収入などを向上させることを求めて転職することです。

一方、スキルアップというのは、技術やノウハウのレベルが上がることです。
経理、営業、企画、デザイン、製造、情報処理など、どのような分野でもスキルアップというのはあります。

これまでできなかった希少性の高い加工ができるようになったり、新たなニーズに合った付加価値の高いデザインができるようになったり、語学力が上がり海外取引業務ができるようになったり、営業での成約率が向上したりというようにその内容は様々です。

キャリアアップのためにはスキルアップが必要

キャリアアップを図っていくためにはスキルアップが必要です。
なぜなら、キャリアアップはほとんどの人が達成したいわけですので、競争に勝ち抜いていく必要があるからです。

いわゆるドングリの背比べを脱し、自らの意図するキャリアアップを果たすためには、多くの人が競う有望ジャンルで上位を取るか、または競争相手の少ない言わばオンリーワンのニッチなジャンルを狙うかのどちらかです。

オンリーワンについては、市場が一定規模あるのであればいいですが、得てしてそういった分野は市場規模も小さいことが多いですので、やはり市場規模や成長性のある分野でスキルアップを図るのが一般的には良いでしょう。
ですので厳しい競争に勝ち残っていく努力が求められます。

ただ臆することはありません。後で述べますが、行動力や社交性に自信のある人は、スキルがさほどなくても目指す分野の企業にまず入って仕事をしながらスキルアップを図るという方法もあります。
ドイツのマイスターの例を挙げるまでもなく、On the Job Training は、今も昔もスキルアップの効果的な手段です。

2021年求められるスキルとスキルアップの方法

2021年、市場ニーズの高いスキル

2021年現在、キャリアアップを果たすために有望なスキルなスキルはどのようなものがあるでしょうか。

見方によっていろいろあり得ますが、大手サイトなどを総合的に調査しランキングしたものは以下のとおりです。

1位 システム開発
   (ネットワーク、サーバー等含む)
2位 Web制作系言語
3位 建築、土木
4位 電気、電子、機械
5位 語学(英語、中国語等)
6位 マーケティング、広報
7位 営業
8位 CAD、CAM
9位 DB、統計解析
10位 経理、財務
11位 人事、総務、法務
12位 クリエイティブ(デザイン、映像等)
13位 事務
14位 化学、食品、医薬品
15位 マネジメント
16位 店舗、サービス、技能

上位はやはりIT関連です。予想がつきますね。
例えば自動車でもIT製品化が進んでいるのはご存知だと思いますが、ほとんどの業種でIT化が進み、IT市場はどんどん伸びていますが、IT技術者の供給は追いついていません。
つまり高いコストを払ってでもIT技術者を確保したいという企業は多いわけです。

これを見てもわかるように、スキルアップすべき分野を探す上で、「市場が伸びている分野」という要素がとても重要です。
加えて、それを担う人材が足りているのか、と探していくのが合理的です。
まさに需要と供給の原理ですね。

主なものについて見ると、1位のシステム開発は、大規模なシステム、たとえば金融業界のネットワークシステムなど、概ねチームで開発するものです。
人材が足りず報酬が高い状況です。

2位のWeb制作系言語についてですが、各企業は今後ますます物販やサービス提供などの集客をWebやSNS等で効率的に行っていく必要があり、機能性やデザインに優れたWeb制作のスキルやWebマーケティングノウハウを持った人材が不足しています。
6位のマーケティングとの関連性も強いです。
これらについてはフリーランス市場も活況を呈しています。

5位の語学についてはあまり説明の必要はないと思います。
経済活動のグローバル化が進む中、多くの企業は世界的な動きの中で経済活動の方向性を定める必要があり、英語はもちろんですがアジアの台頭に伴い中国語の重要性も増しています。
特に中国語人材はまだまだ少なく、市場ニーズは高い上に競争もそこまで厳しくないことから一つの狙い目だと言えます。

実践で使える語学スキルを持った人材は転職エージェントなどにおいても求人案件が多いですので、まずは登録してみて案件を見定め、目指すレベルを確認した上でスキルアップに取り組むのが効率的です。

15位のマネジメントについては、どの業種にも当てはまるカテゴリーですが、事務または技術の社員が次第に役職を上げていき、やがてセクションや事業の管理者になるという道です。

企業の保有資源を有効に用い、事業プラニングを的確に行い、人材を適所に配置しモティベーション維持で効果を出すといったことができるような人材は、企業の中枢を担っていくことができます。

以上見てきましたが、一般的には、
市場が伸びている分野
人材供給不足の分野
自分が興味の持てる分野
を満たす分野を選ぶと成功の確率は高まります。

スキル系の転職エージェント

・ IT
・ 英語
・ 建築・土木
・ 製造
・ 医療
・ マネジメント

スキルアップを効果的に達成する方法

経験なしでも入社可能な企業に入り実践で身につける

どのようなスキルも実社会で用いるとなると想像していたレベルを上回るレベルが必要であったり、付随するスキルが必要だとわかったりするものです。

ですので、目指すジャンルの企業に飛び込んでしまい実践を積んでいくとというのは、少々勇気は要りますが実は合理的です。
実績自体がキャリア形成にもなり、さらなるキャリアアップの可能性も広がっていくことが多いです。
実践で使えたスキルは対外的な証明力が強いからです。

社員教育に熱心な企業に入れれば、自分の現在のレベルに引け目を感じることもあまりなく安心してスキルアップを図っていけますので、自分の目指す分野の企業の求人をまずは見てみることをおすすめします。

スクール、オンラインスクールなどを受講する

企業で実践を積まない場合は、専門のスクールやオンラインスクールなどでカリキュラムに沿って勉強するのがおすすめです。

専門家たちが学習内容や効果的教育法を研究した上でカリキュラムが組まれていることが多く、独学で学ぶより一般に効率的です。

もちろん費用はそれなりにかかりますが、スキルアップを果たせばそれくらいはすぐに取り戻せますのでここは惜しまず行動するのが良いでしょう。

スクールなどの情報も、転職サイトその他Webサイトで目指すジャンルについて検索して集めれば自分に合ったスクールが見つかると思います。

キャリアアップ転職に向けて行うべきこと

キャリアプランを明確にする

キャリアアップを早めに実現するためにまず大事なことは、自分の目指すキャリアアップの方向性やプランを明確にすることです。

前述のように、どの分野を目指すかを決めることはとても難しいです。

これを考えるには企業が実際にどのような人材を多く求めているかを、個別案件を見ながら情報収集する必要があります。

すぐに転職したい人はもちろんですが、まずスキルアップ図ってからという場合でも、まずは、転職エージェントに登録してこうした情報を探っていくことをおすすめします。

プロのキャリアアドバイザーにアドバイスを求めることも可能ですので、転職方法だけでなく、どのようなスキルアップが必要かなどについても聞ければ、廻り道を防ぐことができます。
そうした情報を得てから、スキルアップの行動を本格的にしていけばいいでしょう。

スキルアップの努力を続ける

情報収集と並行して、スキルアップのための継続的な努力が必要です。
最近は様々な分野でオンラインスクールやYouTubeの教育系動画などが充実してきていますので、有益な教材で効率的に勉強できる環境は整っています。
意欲を持って、能動的に検索し学ぶという行動を取るかどうかにかかっています。
ネット上でわからないことは、実際にその分野に携わっている人をSNSなどで探して話を聞きに行くといった方法もあります。

こうした行動は、ビジネスに必要な情報検索能力や行動力の向上にもつながりますので一石二鳥だと言えます。

まとめ

いかがでしたか?
これからの時代の経済状況も予想しながら、市場ニーズが高く、かつ自分に合った分野のスキルを探り、転職エージェントやWebサイト,SNSあるいはフェイストゥフェイスでの情報収集を行いながら、効率的にスキルアップをすることがキャリアアップへの近道です。

さっそく行動に移してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!