キャリアアップとスキルアップの違いとは?スキルを磨いてキャリアアップしよう!

キャリアアップとスキルアップはどう違うのか、しっかり考えたことのある人はあまりいないでしょう。
キャリアアップを図っていく場合、この2つの意味を押さえて、正しく行動していく必要があります。

そこでこの記事では次のことを解説します。

  • キャリアアップとスキルアップの意味の違い
  • キャリアアップとスキルアップの関係性
  • キャリアアップのためにスキルを磨く際のポイント

キャリアやスキルの分野の選定を間違うとせっかくの努力が身を結ばない恐れもありますので、この記事を参考に方向性を定めて行動していただければ幸いです。

キャリアアップとスキルアップの違いとは?


何となく似た語感で混同しやすい言葉ですね。実際、同じような意味で使われることもあります。
ですが、「キャリアアップしたい」という明確な目標がある場合には、スキルアップはそのための言わば手法的な意味合いになります。
では、それぞれの意味を見てみましょう。

キャリアアップとは

キャリアアップというのは、地位や専門性、収入などが現在よりも高くなることです。

現在勤めている会社内で昇進することも含まれますし、もちろん転職する場合も含まれます。大抵の場合は収入増を伴うようなものをキャリアアップと言うことが多いですが、本人が何を目指しているかによるところも大きく、例えば自分のやりたい分野の専門的な仕事に就いたが収入は以前の会社で事務員だった時より若干下がったといった場合にもキャリアアップを果たしたと言えるケースがあります。

要するに本人の目標やプランと結果との相対的な関係性や満足度も重要ということですね。

スキルアップとは

一方、スキルアップというのは、個人が持っている技術やノウハウのレベルが上がることです。
事務、財務経理、企画、営業、製造・加工、情報処理など、どのような分野でもスキルアップというのは存在します。

例えば営業成績を上げるための創意工夫を絶えず行い、見込み客が喜ぶ行動を加えることで成約率を上げたり、実践で使える語学力を身に付け、これまでできなかった海外取引業務を行うことができるようになったりと、スキルアップの内容は様々です。

そしてこのスキルアップというのは、一度果たすと個人の無形の財産として将来にわたって効果を発揮するという性質があります。

キャリアアップとスキルアップの関係性

では、何となく似た言葉であるキャリアアップとスキルアップはお互いどのような関係にあるのでしょうか。

一言で言うと、キャリアアップを目指す場合、スキルアップはその有力な手段であるということです。
将来に向けてキャリアアップを図っていくためには、多くの場合スキルアップして人より優位に立つ必要があります。

なぜなら、多くの人がキャリアアップを達成したいと思っていますので、人より抜きん出て地位などを獲得するためには、他の人にはないものを身に付けている必要があるからです。

特にキャリアアップを目指さないのなら、例えば事務員や営業担当などの通常業務を普通に卒なくこなしていればいいですが、いわゆるドングリの背比べを脱し、自分の意図するキャリアアップを果たしたいなら差別化を図る必要があります。

〇〇分野のことなら△△さんだよね
とか、
〇〇について頼むなら△△さんに限る
といったように、個人としての言わばブランディングをしていければキャリアアップにつながっていくことが多いです。

この場合、多くの人が競うジャンルではなく、そもそも取り組んでいる人がごく少ないジャンルを選び、なおかつそのジャンルが市場性、成長性が高いなら効率的に差別化を図っていける可能性があります。

言うは易しでなかなかそういったジャンルは見つからないですが、探してみるのもいいでしょう。
例えばそれこそレアですが、盆栽のスキル・知識を買われて外資系の都市計画プラニング会社に転職したり、マーケティングが得意な美食家が、シンクタンク内でコンビニ弁当の新製品企画のアドバイザー業務を専門にやるようになったりというような場合です。
これについてはアイデア勝負の感がありますね。

スキルを磨いてキャリアアップしよう!


スキルを磨いてキャリアアップするためには、次のようなことが重要です。

キャリアアップを目指す分野の選定を間違わないこと

ほとんどの人は、自分の得意な分野や好きな分野などから発想し、それに引きずられてしまう傾向があります。
正しい発想法は、まず好き嫌い抜きに客観的にいろいろな分野を列挙してみて、市場性や成長性を分析することです。
なぜなら、好きな分野から発想するとその範囲しか見えず可能性が狭まってしまうからです。
今までやったことはなくても市場が伸びていて、かつやってみたらとても自分の感性や能力にマッチしていたという場合だってあり得ます。

そして、市場性や成長性から入るメリットは、好きな分野ではあるが仕事の需要が減少傾向にあって、高い報酬を得られるようにはならないといった事態を避けられることです。

マーケティングの原則どおり、まずは自分という商品をできるだけ高く売るための市場や手法を冷静に見極めるべきです。

この分野選定を間違うと、いくらスキルアップの努力をしてもキャリアアップにつながらないという事態に陥ってしまいます。

これを考える際、できるだけ客観的に幅広く情報収集するため、転職エージェントなどのプロのアドバイザーに意見を求めるのもいいでしょう。

目指すキャリアアップのために必要なスキルを磨く

分野を正しく選定したらあとはキャリアアップに必要なスキルを磨くのみです。
ネット上に有益なテキストデータや動画が大量にあります。場合によっては英語を用いて海外サイトからも情報を得るなど努力しましょう。

また、専門的なスキルが独学では身に付かないような場合は、スクールやオンラインサロンなどを利用するのもいいでしょう。
TwitterなどのSNSやYouTube動画などを検索し、その道の先駆者を見つけ場合によっては話を聞きに行くのも有益です。

人と会って話すとその分野の仕事の雰囲気やストレス度合い、生活実態などネット上に転がっていないリアルな情報が得られ、スキルアップを継続するためのモティベーションにもなります。

またスクールに通うと、スキルアップを図る過程での回り道も防げますし、同じ志を持った仲間ともつながれます。

スキルが低い段階でも入社可能な会社を見つけ雇ってもらい実践で鍛えるという方法もあります。
社員教育に熱心な会社であれば給料をもらいながら将来に向けたスキルという資産も身に付くという願ってもない状態になります。

まとめ

いかがでしたか?
スキルアップによってキャリアアップを図っていく場合、最も難しく間違いやすいのは分野の選定ですので、冷静に客観的にまずは十分検討しましょう。

そしてあとはスキルアップに向けて情報収集、勉強し、ある程度身に付いたら早めに転職などの行動を進めていくことをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!