キャリアアップの意味とは?自分がやりたい仕事に辿り着くキャリアの作り方

諸外国に比べ、雇用の流動性は高いとは言えませんが、以前に比べ日本においても雇用の流動性が高まってきており、転職を含めて、個人の働く場所や職業について考え、選択する際の情報は多くなってきています。

そのような状況下において「キャリア」「キャリアアップ」などは、使用される頻度が高くなっていますが、その意味合いについて深く考える機会は頻繁にないように思います。

これらの言葉は独り歩きしがちで、個人個人によって意味合いが変わってくるかもしれません。

働く環境は、先行き不透明な経済状況によって厳しさを増しつつあります。

今後益々、個人のキャリア、およびキャリアアップは自己責任で考え、実行することになってくるでしょう。

本記事では、改めてキャリアアップとは何か、自分自身のありたい、やりたいにつながるキャリアプランの作成とはどういうものなのか、解説していきます。

キャリアアップの意味

改めて「キャリア」という言葉の意味合いを考えたうえで、キャリアアップの定義を考察し、その意味について考えていきたいと思います。

キャリアとは

「キャリア」とは、ラテン語から派生した言葉で、車輪の通った跡(わだち)を意味します。

車輪が通った後、残るものがキャリアであれば、キャリアの意味合いの本質は過去のことになります。すなわち、キャリアとは、進んだあとにできるものです。

文部科学省が現在、キャリア教育に力を入れています。

目的部分を引用すると、

”将来、社会的・職業的に自立し、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現するための力が求められています”

とあります。

また、キャリアの意味を引用すると、

”個々人が生涯にわたって遂行する様々な立場や役割の連鎖及びその過程における自己と働くこととの関係付けや価値付けの累積”

となっています。

職業人生という長いスパンで、連続性のあるもの、そして積み重ねられたものが「キャリア」という意味であることが分かります。

外的キャリアと内的キャリア

よく「キャリア」には「外的キャリア」と「内的キャリア」があると言われます。

外的キャリアとは履歴書や職務経歴書に書ける情報です。例をあげると

● どんな会社で勤めてきたのか、何社経験しているのか
● どんな職種や役職で働いてきたのか
● どんな仕事をしてきたのか、どんなスキルや能力を持っているのか
● 年齢や学歴

などです。

一方、内的キャリアとは、価値観や動機、行動の特徴、態度などです。外的キャリアを形成している根本は、内的キャリアが影響していると言われます。

特にキャリア選択においては、この内的キャリアの影響力が高いと言われています。

語源からみたキャリアの定義、および一般的なキャリアの定義は、どちらかというと、外的キャリアの意味合いが強いのです。

キャリアアップとは

では、履歴書や職務経歴書に書ける、車輪の跡のようなキャリアを、アップさせる、というのはどういう意味でしょうか。

一般的にキャリアアップとは、

1. より高い役職に就くこと、合わせて給料が上がること
2. ある特定の知識や能力を上げ、専門性を高めること

だと言われています。

キャリアを積む筋道は多様化している昨今、ただ単に給料が上がる、専門性を高めるという、外的キャリアを中心に捉えたキャリアアップだけがキャリアアップとは言えなくなってきました。

そのため、本記事においては、「内的キャリア」を掘り下げ、本当の意味で「働く」を通して実現したいありたい姿の実現に近づくことを「キャリアアップ」と定義したいと思います。

キャリアプランを描く

働くを通してありたい姿の実現に近づく、すなわちキャリアアップのための計画が「キャリアプラン」となります。キャリアプランをどのように描くのか、解説していきます。

内的キャリアを掘り下げる

キャリアプランを描く第一歩は、自分自身の「内的キャリア」を掘り下げ、明確にしておくことになります。

そこで役立つのが、「キャリアアンカー」という考え方です。

「キャリアアンカー」とは、マサチューセッツ工科大学のエドガー・H.シャイン教授が提唱しているキャリア形成の概念で、キャリアにおけるアンカー(錨=不動点)を指しています。

「働く」にあたって、譲ることのできない価値観や欲求であり、不変のものです。

いきなり、「あなたのキャリアアンカーは何ですか?」と質問されて、答えられる人はいないでしょう。まずは下記の質問に答えてみてください。

● 「どんな仕事が好きか」
● 「どんな仕事にやりがいを感じるか」
● 「どんな仕事が得意か」

それらの答えを、働くスタイルに類型化します。
ある程度言語化するために、以下の8つのタイプを覚えておきましょう。

1. 専門・職能別
2. 全般管理
3. 保障・安定
4. 起業家的創造性
5. 自律と独立
6. 社会への貢献
7. ワークライフバランス
8. 純粋なチャレンジ

自分がどれに当てはまるのかは、無料の診断もありますので一度受けてみてください。

内的キャリアを踏まえた外的キャリアを描く

キャリアアンカーにより、自分自身の「働く」にあたっての軸を明らかにできたなら、次に外的キャリアによって実現したい内容を考えます。

ここで意識したいのは、市場価値を高める、ということです。キャリアアンカーという自分の内からの動機に忠実でありつつ、外に目を向けていくということです。

では「市場価値が高い」とはどういうことでしょうか。一例をあげてみましょう。

昨今の社会情勢を踏まえると、企業の事業展開や戦略において、

● より早い製品市場投入によって素早く判断する

ということが求められています。よく「リーンスタートアップ」や「アジャイル開発」と言われる内容です。

求められる能力やスキルの観点で表現すると、「仮説の立案・検証のスピード」と言えるでしょう。

ということは、仮説の立案・検証のスピードを業務上行ってきた人、あるいは対象が違っても実行できるポータブルスキルを持っている人が市場価値の高い人材と言えるでしょう。

外的キャリアの道筋やありたい姿は人それぞれでしょう。同時に、市場価値を高める観点を持っておくことが必要です。常にビジネススキルのブラッシュアップを意識しておく必要があります。

スキルアップの重要性

市場価値を高めるキャリアを実現するためにも、スキルアップの実践は必要不可欠です。また、何か学ぶ、だけではなくアウトプットしておく、という意識が必要です。

例えば、現在の仕事で成約理論(知らなかった知識をインプットする)の考えを取り入れつつ、改善案を考えるというアウトプットを行うなどです。

このようなアクションは、外的キャリア、すなわち職務経歴書に記載可能な内容として発展していきます。

まとめ

「キャリアアップ」は外的キャリアと内的キャリアの双方、大事にしていく必要があります。そして市場価値を高める意識を常にもっておく必要もあります。

自分自身がやりたい仕事に近づくためのポイントは下記です。

1. 内的キャリアを掘り下げる
2. 内的キャリアの軸を大切に外的キャリアを考える
3. 市場価値を高めるという要素を検討する(スキルアップ)

自分自身の可能性をさらに高めるために、まずは内的キャリアを掘り下げてみてはいかがでしょうか。
自分自身のありたい、やりたい仕事について検討してみてください。
そして、市場価値を高めるためのスキルアップを行いましょう。

最新情報をチェックしよう!